もの(その二) // 秋分の調べ // A Thing (Part 2) Autumn Equinox Performance by MAMIUMU

もの(その二)秋分の調べ

2020年9月20日(日) – 22日(火)
10:00- 16:00 時間不定期 

厭離庵 京都市右京区嵯峨二尊院門前善光寺山町 2

2016年に同じ場所・厭離庵で「A Thing (Part 1)」を発表した際に、まるで作品の一部のような演奏をしていただいたMAMIUMU @mamaradion さんに今回も参加していただける事になりました。前回の一体感が素晴らしすぎて、生演奏以外の日でもマミさんの気配を感じていただけるよう今回は録音もいたました。展覧会は2020年9月18日から24日ですが、20~22日にかけて生演奏(時間不定期)を予定しています。

見える世界と見えない世界を繋ぐ扉のような彼女の音が、私の写真と共にどういう場所へみなさんを導いてくれるのか楽しみでしかたありません。

_____

MAMIUMU

独自の発声法による聲。グラスハープ、ライアー、笛、太鼓、木・石・金属の鳴り物、等の楽器と道具を使った演奏。それらが響きの時空間を現出し、ひとつとなり創造すること。

A Thing (Part 2)
Autumn Equinox Performance by MAMIUMU

2020/ 9/ 20 sun – 22 tue All day, irregular time

At Enri-an
2 Saganisonin Monzen Zenkoji Yamacho, Ukyo Ward, Kyoto

Part of the coming exhibition of my latest project ’A Thing (Part 2)’ 2020/9/18 fri – 24 thu, I am having MAMIUMU as a special guest for Autumn Equinox. Her live performance is on Sep 20-22, irregular time. + We recorded her sound in a primeval forest to play at the venue throughout the exhibition.

Her sound is like a portal connecting the visible and invisible world. And I’m fascinated where her sound would bring all of us to.

2016 Kyotographie KG+ もの(その一)での生演奏/ Live performance at A Thing (Part 1), Kyotographie KG+